【サプリメント】のおすすめは?~飲み続ているサプリを教えます

【サプリメント】のおすすめは?~飲み続ているサプリを教えます

やっと気持ちの良い気候なり、ホットしているナリヒロです。今回は、「サプリメント」について書きます。現代人が健康のために気軽に服用しているサプリですが、医者から処方されるわけでもなく、あくまで「健康商品」という括りなので、「本当に効くのかな?」とか「どのサプリを飲んだらいいのか?」と思っている方も多いでしょう。

そこで、ご参考までに、

20年近く数種類のサプリを服用し、この7年以上に渡って無欠勤を続ける小生の「サプリ体験」

をご披露します。(あくまで個人的見解なので悪しからず)

ビタミンC

小生は長い間、アメリカに住んでいましたが、アメリカ人は兎にも角にもサプリが好きです。高齢者はもちろん、若い人も毎日、手のひらにいくつかサプリをのせて、一気に口に放り込む。ドラッグストアに行くと、一般の医薬品に負けじと、非常に多く種類のサプリが売られています。

まず、小生が現地で飲み始めたのは、【ビタミンC】。その効能の一つに、免疫を高めることがあると言われています。(*1)体が疲れて風邪を引きそうなとき、オレンジジュースと合わせて飲んでいたのが、ビタミンCのサプリ。万が一、風邪を引いてしまってからでも、ビタミンCを飲んだら、回復が早まったような感じがしたものです。

アメリカで有名なサプリメーカーのひとつ、Natural Made社。アメリカではサプリを服用する人が多いせいか、日本と比べて比較的値段が安かったように記憶しています。

ビタミンAとルテイン

小生は昔から目が疲れやすいのです。特に仕事、そして趣味でもモニター画面を眺めることが多く、さらにPCで作業をすることも多い。そのため、常に眼精疲労になる危険性があります。

眼の疲労を緩和してくれたり、眼精疲労からの回復を助けのが、ビタミンAとルテイン。

【ビタミンA】の主要な成分には目の健康を保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあるそうです。また、薄暗いところで視力を保つ助けにもなるようです。(*1)また、【ルテイン】は、目の老化を引き起こす「活性酸素」を抑えたり、有害な光を吸収して、眼を守る効能があります。(*2)

これもビタミンCと同じく、Nature Made社の製品をよく服用していました。このサプリも毎日飲んでいたというよりも、目に疲れを感じたとか、眼精疲労の兆候が現れ始めたときに飲んでいました。しかし、眼精疲労が酷くなった時は、やむを得ず、頭痛薬に助けを求めることになりましたが(笑)。

【辛い頭痛】後頭部の痛みの原因は?~欠かせない良薬との出会い

マルチビタミン

服用するサプリが一つ一つ増えていくと、いちいち飲むのが大変になってきます。他の大切な栄養もサプリでとりたいと思い、服用を始めたのがいわゆる「マルチビタミン」です。

現在もほぼ毎日飲んでいるのは、アメリカ製の「ワン・ア・デイ(One A Day)」です。この商品には、50歳以上向けの「ワン・ア・デイ 50+」もあり、40代後半からこちらの方に切り替えています。

販売しているのはバイヤー社で、このサプリは、“心臓の健康、体力と体の代謝、目の健康、脳機能の健康、骨の健康、そして免疫の健康”バイヤー社のホームページより)を主眼に調合されています。

下の表が、サプリに含まれる栄養素の1日必要摂取量に対する割合を示しています。50+の方が、多くの栄養素で容量が増やされていますね。(参照:バイヤー社ホームページより)

栄養素One A DayOne A Day 50+
ビタミンA70%70%
ビタミンC100%200%
ビタミンD175%175%
ビタミンE75%85%
ビタミンK25%25%
チアミン90%300%
リボフラビン100%200%
ナイアシン90%100%
ビタミンB6150%300%
葉酸100%100%
ビタミンB12300%417%
ビオチン25%10%
パントテン酸160%150%
カルシウム21%12%
鉄分0%0%
ヨウ素なし100%
マグネシウム35%28%
亜鉛100%160%
セレニウム157%167%
100%110%
マンガン100%210%
クロミウム100%150%
モリブデン
なし120%
リコピン 必要摂取量不明 必要摂取量不明

ブルーベリー

日本に帰国してから、服用を始めたのが【ブルーベリーのサプリ】。 アメリカでは 、 目の健康に良い働きがある青紫色の天然色素「アントシアニン」が多く含まれているブルーベリーそのものを、比較的安かったので食べていました。しかし、日本ではそんなわけにいかず、代わりにサプリで補うことにしました。

いろいろと製品を調べてみると、DHCのサプリが費用対効果が良く、さらにルテインも含まれているので気に入り、飲み始めました。それ以来、目を多少酷使しても疲れが早く取れる感じがしています。

近年、即効性を高めた「速攻ブルーベリー」が発売となり、さっそく切り替えて、毎日お世話になっています。このサプリがあるせいで、ビタミンAは飲むのを止めてしまいました。

コンドロイチン

中年になると、1日歩き回ると膝が痛くなることがあります。数年前、成田山新勝寺を訪れた際、その広大な敷地の中を一日中、歩き回った結果、すっかり膝が痛くなってしまいました。

その夜、ホテル近くのドラッグストアで購入したのが、【コンドロイチン】でした。コンドロイチンは、 腰痛症,関節痛,五十肩などに効能があると聞いていましたが、気休め程度でもいいからと思い、ダメ元で試したのです。しかし、翌日、膝の痛みも消えて、予定通りいろいろ見て回り、夜、無事帰宅することが出来ました。

ボリュームトップ

DHCのサプリを利用すると、同社からパンフレットが多々送られてくるようになりました。正直、あまり見ることはなかったのですが、ある日、気になったサプリを発見。それは、「ボリュームトップ」。いろいろな成分を合わせた複合サプリです。

育毛用というこのサプリの主な成分と、その効能は次の通りです。

  • 高麗人参=血行促進を促し、毛の成長を助ける
  • 菊芋、ナツシロギクエキス=毛髪のもとになる毛母細胞を活性化する
  • 亜鉛=抜け毛を促す酵素を抑制する

さっそく試しに利用すると、 数日後から髪の毛そのものが元気になり、ふさふさ感も昔に戻ったように思えました。中年になり、抜け毛も目立ってきた小生にとって、このサプリは大当たりでした。今でも毎日、欠かさず服用しています。(詳しくは下記の記事で)

【抜け毛】をどう防ぐ?~経験で語る頭皮・頭髪ケア法

個人のサプリ体験を書きましたが、効くかどうかは個人差があります。自分に合うサプリを探してみてください。毎日の生活を、グレードアップしてくれるかもしれません。しかし、妊娠中や授乳中、何らかの闘病中の方は、服用は避けてください。また、何か問題が発生した場合は、使用を直ちに中止し、医師に相談することが大切です。■

参照:(*1)公益財団法人長寿科学振興財団 健康長ネット  (*2)わかさ生活 医療機関サプリメント情報サイト